名前から数字が消えた新Surface Pro。日本にも6月15日登場へ

マイクロソフトは先日開催されたイベントでSurface Proの新バージョンの発表を行ないました。中身は見事に「正常進化形」と呼べる順当な更新が図られています。

そして新型Surface Proからは世代を表す数字が取れました。

今回発表されたSurface Proは「新Surface Pro」ということになります。

スペック

新Surface ProもマイクロソフトのSurfaceシリーズの中核、メインストリームをになうマシンだと思われます。このためバリエーションがある程度ある製品展開が行なわれます。

CPUには前世代機から順当にバージョンアップする形で第7世代のCoreプロセッサを搭載します。

下位機種はタブレット用でもあるCore m3を採用。中位の機種はノートPC用のCore i5を使います。この2つのCPUを搭載する機種では、クーリングファンが省略されたパッシブ冷却機構が使われ無音動作が可能になります。

上位機種はCore i7を搭載しますが、統合されるGPUがより高性能なIris Plus Graphics 640となる分、発熱も大きくなる模様で、こちらはクーリングファンありのアクティブ冷却機能を採用します。

メインメモリは4GB~16GB。Core m3搭載機は8GB以上の選択が出来ません。ストレージは128GB~1024GBのSSDを搭載します。

新Surface Proの外見はほとんどSurface Pro 4から変化していないように見えますが、使われているパーツは大幅に更新されていて、Surface Pro独自のキックスタンドも最大165度まで本体を傾けることが可能なように改良が入っています。

また、新Surface ProではSurface Pen利用時の筆圧検知のレベルが拡張され、4096段階の検知が可能です。さらにペンの傾きも検知できるようになっていますが、このためには新しいSurface Penが必要になります。

液晶パネルはSurface Pro 4で定評のあったパネルをキャリーオーバー。12.3型で縦横比2:3、2,736 x 1,824ドットの高解像度のものが使われます。

インタフェースポートはほぼフルセット。ですが有線LANポートを持たないようです。

バッテリー駆動時間はPro 4から大きく改善され、最大13.5時間の動作が可能になりました。

スポンサーリンク
広告大

非常に堅実な更新内容

新Surface Proは従来のSurface Pro 4から冒険を避けたとても堅実なアップグレードを行なってきたイメージです。

例えばUSBコネクタにはType-Aを採用していて、スマートフォンなどで少しずつ普及しつつあるType-Cの搭載を避けてきました。

まだPCのUSB文化はType-Aメインですから、実に堅実な選択ではないかと思います。

デザインも完全に従来機種からキープコンセプト。遠めから見ると従来の機種と見分けるのは非常に難しいと思います。

そんな中でも冷却機構の改善を行なって、Core i5搭載機でもファンレス動作を可能にしたり、上位のCore i7搭載機のクーリングファンも騒音レベルを引き下げてきているようです。

Surfaceシリーズの中核機だけに、堅実なアップグレードを行なうことに注力したイメージにも見えますね。

Surface Laptopとかぶる価格帯

マイクロソフトはほぼ同時に、同社としては初めての純ノートPCであるSurface Laptopも発表を行なっています。中位~下位機種では価格がオーバラップする部分もあり、選択に迷うユーザーも出るかもしれません。

Surface Proシリーズではノートパソコン的に利用するためにはタイプカバーとSurface Penあたりは欲しくなります。こうなると、予算は本体価格+3万円弱程度が必要になるため、純粋な性能面との比較で見るとSurface Proの方がLaptopよりも高価になるはずです。

こういった部分と、2in1 PCであるSurface Proの機能性を考え合わせて機種選択を行なうことになるのでしょう。

よく使用目的を考えてそれぞれに適した機種選択をしましょう。

ただ、どちらの機種も出来自体は良いと思われますので、これらの機種を選んだことへの後悔をすることはまずないだろうと思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする