フラッグシップ一新で遂にAPS-C化。PowerShot G1X MarkIII登場

キヤノンからPowerShotシリーズのフラッグシップモデル、PowerShot G1Xのニューモデルが登場しました。

高画質のPowerShot系は1型センサー搭載機が完全にメインとなったイメージで、G1Xがどうなるのか気になっていたユーザーもいたかもしれません。

ですが、新G1Xはさらに高画質を追求する形で、遂にAPS-Cサイズセンサーを搭載してきました。

今回はキヤノンの新コンデジフラッグシップ機、PowerShot G1X MarkIIIを取り上げます。

約2,400万画素のAPS-Cサイズセンサー搭載

今、コンパクトデジカメの主流は完全に、高画質な1型センサー搭載機に移った感があります。

それ以下の小型センサー搭載機はスマートフォンのカメラには出来ないこと、高倍率ズームの搭載であったりアクションカム的な防水・耐衝撃性をもったカメラなどにシフトして行っています。

コンパクトデジカメの中でも高画質を突き詰める形で、APS-CサイズセンサーやソニーのRX-1のように35mmフルサイズセンサーを搭載する機種まで登場しています。

そんな高画質を追求する機種のとしてキヤノンのPowerShot系列では、ずっとG1Xがその役目を担ってきました。

先代のPowerShot G1XはAPS-Cサイズセンサーよりもわずかに小さい1.5型の専用センサーを使った機種でした。

画素数こそAPS-Cセンサー搭載機よりやや小さめなものの、画素ピッチはAPS-Cサイズセンサー搭載カメラと同等で、低感度での安定した高画質と高感度特性の良さがウリでした。

ただ、あまり数の期待できないG1X系に専用センサーを用意することにはさすがに無理が出たのかもしれません。

PowerShot G1X MarkIIIでは、APS-Cサイズセンサーを搭載するキヤノンのミラーレス一眼、デジタル一眼レフと同じものと思われる約2,400万画素のAPS-Cサイズセンサーを採用する形になりました。

デュアルピクセルCMOSセンサーとなっていて、AF性能もEOSと同等のものが期待できます。

サイバーショットRXシリーズのエッセンスの凝縮。RX0登場へ

スポンサーリンク
広告大

レンズ固定式のEOS M5?

PowerShot G1X MarkIIはフォルムは一眼レフライク、というよりもミラーレス一眼のEOS M5とそっくりな形をしています。

236万画素の高解像度なEVFを一眼レフのファインダー部のような形で搭載したカメラです。

グリップこそ浅めなもの、操作ダイヤルなどはEOS系にも通じるような複数の電子ダイヤルを備えたものになっていて、直感的に各種パラメータの操作が可能です。

角を落とし流線型的なデザインのEOS系に対し、エッジを立て所々に特徴的な赤を配色したデザインはPowerShotのデザイン作法に則ったものですが、こちらのデザインにより精密機械らしさを感じるユーザーも多そうです。

映像エンジンにはキヤノンの最新のDIGIC 7を搭載し、イメージセンサーの機能とも相まって、カメラの機能・性能自体はほぼEOS M5と同等のものとなっています。

フォルムや機能、サイズなどの点から、PowerShot G1X MarkIIIは「レンズ固定式のEOS M5」と呼んでもいいフィーチャーになっています。

重量はEOS M5ボディーよりも20g程度重いだけ。それで専用設計の高画質な24-70mmの標準ズームレンズを搭載しています。

さらにPowerShot系のフラッグシップの伝統であるバリアングル液晶も搭載してきました。

悩むのはユーザー?

レンズ交換式のメリットを考慮に入れると、対応可能なジャンルの広さでは間違いなくEOS M5に軍配が上がります。ですが、コンパクトさ、バリアングル液晶の使い勝手といった点ではPowerShot G1X MarkIIに分があるでしょう。

画質は恐らく完全に同等。AF性能も一緒。

また一つユーザーを悩ませるカメラが登場してしまったのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする