富士フイルムミラーレス一眼エントリー機を更新。X-E3登場

富士フイルムはフィルムカメラの時代から独自路線のカメラを作り続けてきました。「フジノンレンズ」のブランドをご存じの方も多いことでしょう。

今もフジノンブランドの高性能なレンズラインアップと、独自のセンサーX-Trans CMOSと映像エンジン、絵作りの方向性で高品位な写真撮影を可能にするカメラとして人気を博しています。

シェアこそ高まりませんが、他社とは一線を画するな内容に根強いファンのいるブランドです。

その富士フイルムのミラーレス一眼のエントリー機が一新されました。

遂に上位機種と同じイメージセンサー映像エンジンを搭載したX-E3が登場です。

クラシックなスタイル

かつてのレンジファインダー式のカメラに通じるような、クラシックなルックスが富士フイルムのミラーレス一眼のデザイン上の特徴です。

精密機械らしさ、カメラらしさのあるたたずまいの製品に仕上がっていますね。

そのデザインからX-E3も実際のサイズ以上に大きく見えるような存在感のあるカメラです。

他社のエントリー機よりは若干サイズが大きめになると思いますが、それでも十分にコンパクトで軽い仕上がりです。

薄いながらもグリップを備え、安心してホールディング出来るデザインになっています。

サイバーショットRXシリーズのエッセンスの凝縮。RX0登場へ

スポンサーリンク
広告大

上位機種譲りの心臓部

X-E3ではX-Pro2などの上位機種と同じ映像エンジン、イメージセンサーを搭載しています。

イメージセンサーは独自配列でモアレを抑えつつローパスフィルターレスを実現した、X-Trans CMOS IIIセンサーを搭載。映像エンジンにはX-Processor Proを採用します。

X-Trans CMOSセンサーはカラーフィルターの配列の規則性を軽減することで、ローパスフィルター無しでもネイティブにモアレの発生が少なくなっています。

センサー、映像エンジンとも、高感度特性には定評があり、他社のAPS-Cサイズセンサー搭載機よりも1段分近く高感度特性が良い、とのレポートがあります。

ただ、逆にノイズリダクションを効かせすぎと感じるユーザーもいるようですので、そのあたりの画質は手にする人それぞれがしっかりと確認しておきたいところです。

かつての名フィルムの写りを意識していると思われるカラーモードもフジらしさの一環です。

X-Trans CMOS IIIセンサーでは、位相差画素が搭載されたことなどにより、富士フイルムのカメラで指摘されることの多かったオートフォーカス性能の改善が図られています。

またX-E3は小型ボディーながら、上位機種同様の高解像度のパネルを採用した内蔵EVFを搭載しています。

ファインダーを覗いてしっかりとした写真を撮る、ここへのこだわりに富士フイルムらしさが見えるかもしれません。

キヤノンから新TS-Eレンズ3本まとめて登場

まだレンズラインアップは薄いが

富士フイルムなど、独自路線を行くカメラの弱点は、どうしてもレンズラインアップが薄めになるところです。特に新マウントの立ち上げ時はかなり辛い状況になりがちです。

そんな中でもフジのXマウントは、かなりレンズラインアップの充実が進んできました。

先行した他社に比べるとまだまだレンズ数自体は少ないのですが、一般的な撮影をほぼ全てカバーできるだけのレンズは一通り揃ったと言えるラインアップになっています。

超望遠レンズのレンジのカバーが間に合っていなかったりはしますが、カメラの性格的にはそちらはあまり指向していない感がありますので、現状の方向性のマッチングは取れています。

それでも今後の継続的なレンズの開発には期待したいところですね。

独自の絵作りと高画質なレンズなど、フジのカメラでしか撮れない世界に興味を持った方は、チェックしてみる価値のあるカメラと言えるでしょう。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする