デジタルカメラのファインダーについて

デジタルカメラのファインダーには、光学式のものと電子式のものがあります。

電子式のものには、光学式ファインダーのように目を当ててのぞき込む形式の電子ビューファインダーと呼ばれるもの、正確にはファインダーとは呼ばないと思いますが、背面の液晶モニターを使うものとがあります。

これらのファインダーにはそれぞれの形式にメリット/デメリットがあります。

  • 光学式ビューファインダー

光学式のファインダーも正式名称では、光学式ビューファインダーという名前になります。

この方式の最大のメリットは見え味ということになるかもしれません。

電子式の表示と比べて、表示用パネルの解像度とか色の再現性といったことに制限を受けることがありません。

もっとも実際の被写体に近い見た目を実現できる方式ということもできると思います。

また、電子的なデバイスを通すことがないため表示にタイムラグがありませんし、表示される秒あたりのコマ数などといった制約が課されることもありません。

このため一般的に電子式のファインダーよりも動体の撮影に強いとされています。

スポンサーリンク
広告大

電子ビューファインダー

電子ビューファインダー(Electronic View Finder)の英語の頭文字をとって「EVF」とも呼ばれます。

こちらのメリットは、デジタルカメラが実際に撮影する映像に最も近い画像を確認することができることです。
デジタルカメラで撮影を行う際には、実際の被写体と撮影した結果にはどうしても違いが出ます。

EVFでは被写体そのものではなく、一度デジタルカメラ内部の処理を経由した画像を確認していることになりますので、こちらで見る画像の方が写真の仕上がりにはより近い形となることが多いです。

撮影する前ファインダー像に露出のレベルを反映することができたり、大変暗い条件でもEVFでは被写体が確認しやすいなどのメリットもあります。

また、同じ電子的な表示でも、背面液晶で画像の確認を行う場合よりもより撮影に没入しやすくなります。

EVFののぞき口が目の周りに密着することになりますので、両手でカメラ・レンズを支えるほかにもう一点支持点が出来ることにもなります。

このため安定してカメラをホールドすることが出来て、手ぶれしにくくなるというメリットもあります。

  • 背面液晶モニター

基本どのデジタルカメラにも備わる背面の液晶モニターを使うメリットとしては、ハイアングルやローアングルの撮影が行いやすいことがあります。

今の液晶は視野角が非常に広いので、多少斜めから見ても色味や明るさ、コントラストの変化が少ないです。

また、最近のカメラではチルト式やフリーアングル式の液晶パネルを備える機種も増えていますので、そういった機種ではさらにハイアングル・ローアングルでの撮影が容易になります。

また、こういった機種では液晶パネルの表示面をレンズ側に回すと、自撮りにも大変便利に使えるようになっています。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする