HPからもKaby Lake-G搭載15.6型2in1、Spectre x360 15登場へ

ミドルクラスのRADEON RX Vegaを搭載することで大きな話題となった第8世代のCoreプロセッサ、通称Kaby Lake-Gですが、このプロセッサを採用した2in1 PCをHPも開発、発売することが発表されています。

CES会場で実機の展示も行なわれ、ベンチマークソフトの実行なども可能になっていたようです。

マシンの形態や中身は奇しくもほぼ同時の発表となったDELLのXPSシリーズのPCとよく似ていて、15.6型液晶を搭載したフリップタイプの2in1 PCになっています。

この記事ではHPのKaby Lake-G搭載機、Spectre x360 15を取り上げます。

スペック

スペックの方はDELLのXPS 15 2-in-1と非常によく似た形になります。

CPUにはTDP 65W版のKaby Lake-G、Core i7-8705Gを搭載します。SpectreではKaby Lak-G内でのCPUのバリエーションはない模様です。

ただ、同じ筐体を利用して、通常の第8世代のCoreプロセッサとGeForce MX 150を搭載するエントリー機が用意されるようです。

メインメモリは最大16GB。内蔵ストレージにはPCI-E接続のSSDを最大2TBのものまで選択可能になります。

液晶は15.6型の4Kのものですが特に広色域のパネルではない模様です。また、Spectre x360 15では解像度の低いパネルも用意されないようです。

本体の厚さは20mmを切る19.45mmで、フットプリントの大きさもあってかなりの薄さを感じるサイズ感になるでしょう。

金属筐体と大きめのフットプリントもあり、重量の方は約2kgと重め。日本でモバイル用に使えるかどうかは若干微妙な重量になりそうです。

インタフェースにはType-C形状のUSBやThunderbolt3も備えていますが、Type-A形状のUSBコネクタやHDMIコネクタを準備しているところがちょっと面白いところです。

少し余裕のある本体の厚みを活かす形で、レガシー資産との接続性向上を狙っているように見えます。

ただ、有線LANポートはなさそうです。

内蔵バッテリーはかなりの大容量で、最大13時間半のバッテリー駆動が行えます。

このバッテリーを90分で0から90%までチャージ可能な高出力のACアダプターが付属します。やはりサイズと重量がややかさみますが、150Wの出力が可能なものです。

スポンサーリンク
広告大

性能も本格的

Kaby Lake-GにはHプロセッサと呼ばれるレベルの高性能ノートPC用のCPUコア部と、デスクトップPCでもミドルクラスに相当する程度の演算ユニットを持つRADEONのGPUコアがまとめられています。

このため性能の方もかなり本格的で、グラフィックワークステーションやゲーミングPCとしてフル活用できる能力を備えます。

CES会場で展示されていた試作機では、3D MarkのTime Spyで2,200程度のスコアを叩き出していたようです。

手元のRADEON HD7970搭載デスクトップパソコンでのTime Spyのスコアが2,500程度ですから、その能力の高さの一部が見えるのではないでしょうか。

性能のダイナミックレンジの広さも魅力

Spectre x360 15には大容量の内蔵バッテリーが搭載されていて、エネルギーをセーブして使う方向ならバッテリーで13時間以上の利用が出来ます。

それに対し性能をフルに発揮する方向で使えば、従来のゲーム用パソコンの中でも結構なポジションに付けられるレベルの性能を発揮することも出来ます。

使い方次第で非常に幅広い用途に対応可能な柔軟性、性能面のダイナミックレンジの広さを持つのがこの機種の本当の魅力かもしれません。

こういったタイプのやや大きめの2in1 PCは日本にはあまり導入されていませんが、この機種のリリースと合わせこのタイプのマシンが日本にも入ってきてくれるとPC市場がより面白くなる予感がします。

タッチ対応で世界最薄。HPの新Spectre 13

Arm版Windows 10遂に始動へ。年末年始の新製品にご注目

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする