ミラーレス一眼にも遂に「Kiss」登場。キヤノンEOS Kiss M投入へ

ミラーレス一眼にも遂に「Kiss」登場。キヤノンEOS Kiss M投入へ

遂にキヤノンが動きました、そういうイメージになるでしょうか。

満を持す形でいよいよキヤノンのミラーレス一眼にKissの名を持つ機種が投入されます。

今回は2018年のCP+に合わせて発表が行なわれました、キヤノンのミラーレス一眼EOS Kiss Mをピックアップしてご紹介します。

ちょっと面白いポジショニング

EOS Kissシリーズは登場当時から、キヤノンの一眼レフのエントリークラスを受け持つ機種でした。それは世代が変わりデジタルカメラになって、さらにカメラの機能や性能がどんどん進化しても変わらない部分でした。

それがミラーレス一眼に関してはちょっと様相が異なってきそうです。

現在のキヤノンのミラーレス一眼のモデル展開から考えると、EOS Kiss Mは、同社のミラーレス一眼のフラッグシップのポジションに収まりそうなカメラなのです。

Kissシリーズと言えば一眼レフとしては軽量コンパクトなカメラで、気楽に持ち出せることが身上のカメラです。これを受け継ぐ形でミラーレス一眼でもコンパクトでライトな方向性を取るのかと考えていました。

ですが実際にはしっかりとしたレンズ光軸上に位置するEVFも持ち、背面液晶は2軸のバリアングルタイプを搭載するかなり本格的なスペックを持つカメラに仕上げてきているのです。

スポンサーリンク
広告大

スペック

EOS Kiss Mのスペックで一番の注目点は映像エンジンです。キヤノンの新世代の映像エンジン、DIGIC8を積んできました。

キヤノンは新世代の映像エンジンをまずはコンパクトデジカメなどに搭載して映像エンジン自体の熟成を図り、しっかりと映像エンジンの能力を出し切れるようになってから上位機種に搭載する方向性を取り続けています。

非常に機能が高度化して設計や製造、使いこなしの難しくなっている現在の映像エンジンに対しては、とても合理的で安全係数の高い方法論を採っていると思います。

DIGIC8では、その先鋒をEOS Kiss Mが担うことになる訳ですね。

イメージセンサーは従来のEOS M5などと共通と思われる、APS-Cサイズで約2,400万画素、デュアルピクセル構造を取るものが採用されています。

映像エンジンの代替わりにより、拡張設定ではISO感度にISO51200を選択可能になっています。

EVFはパソコンで言うところのXGA解像度のパネルを採用。背面液晶はアスペクト比2:3で720 x 480ドット相当のパネルを使っていると思われます。

AF関連では瞳AFを搭載して、より精密な人の顔へのピント合わせが可能になっています。

デュアルピクセルCMOSセンサーを活用した位相差AFも、面積にして全画面の88%にも及ぶ範囲をカバー可能になりました。

一部、一眼レフのKissをも超えるスペック

EOS Kiss Mでは連写速度などでは、一眼レフ版のEOS Kissをも超えるスペックが実現されています。

AF連動で最高毎秒7.4コマ、AF固定ならば毎秒約10コマの連写が可能になっています。

EF-Mマウントの専用レンズはレンズの径が小さい仕上がりとなっているため、レンズとボディのバランスはごく普通の一眼レフサイズのイメージになりますが、後ろからの写真の液晶が背面に占める割合の大きさからEOS Kiss Mのボディのコンパクトさが予想できると思います。

「Kiss」の名前はキヤノンにとってかなり大きく重い名前のはずです。それをミラーレス一眼に持ち込んできたと言うことは、いよいよ本気でキヤノンがミラーレス一眼のシェアNo.1を獲りに来た証かもしれません。

今後の動きも注目した方が良さそうです。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする