モバイルパソコンのある生活について

モバイル型のパソコンに限らず、今まで持っていた形のパソコンとは全く違う形のパソコンを手に入れた場合には、それぞれの形のパソコンが持つ機能がいろんなところで新たな可能性を開くことがあります。

  • いつでもどこでも

わたしは出先での仕事のことなども考えて、11インチの液晶ディスプレイを備えた1kgを大きく割る軽さ、薄さのモバイル型ノートパソコンを使用しています。

たたんだ状態で手に持ったときの感触は、ちょうどちょっと厚めの紙のノートを手にしたような感じです。

まさに「ノート」パソコンだったわけです。

この重量、薄さだと、ちょっと出かける際に鞄にパソコンを忍び込ませておくのにまったく抵抗がありません。

フットプリントもほぼA4サイズで、小さめのビジネスバッグにもすっぽり納まります。いつでもどこにでもパソコンを持って行けるような状況が実現したわけです。

家の中での移動といっても、重さが2kg以上あるノートパソコンをわざわざ茶の間に持ち出して何かしよう、って気にはなかなかなれないものですが、この1kgを切るような軽さだとその辺の意識が全く異なってきます。

気軽にパソコン部屋から「1冊」持ち出して、家の中でも外でもどこででもパソコンを使えるようになりました。

キーボードの文化になれてしまっている人ですと、鉛筆で紙に字を書くという作業自体がちょっと苦痛、なんて人もいると思います。

わたしがまさにそれなのですが、いつでもどこにでも気楽に持ち出せるパソコンがあると、紙のノートと筆記用具を持ち出すことなく、ちょっとした講演会などでのメモ書きなどにも便利に使えることがわかってきました。(手でメモをとるより、よほど早く、楽に記録できるのです)

写真をやる人であれば、撮影に行った先でのより大きな画面での写真のチェックや、カメラ側のストレージが写真でいっぱいになってしまったときのフォトストレージ代わりとしてもパソコンを利用することが可能です。

最近はスマートフォンのテザリング機能を有効にすると、スマートフォンがモバイルWi-Fiルータ代わりにもなってくれますので、出先でもいつでもパソコンからインターネットへの接続が可能です。

さらにLTE回線に対応する機種、エリアであれば、固定回線に匹敵するような転送速度が実現できたりもします。
消費だけではなく生産も


インターネットの閲覧だけでしたら、タブレット端末でも同じことが出来る上、より重量、サイズが小さくて機動性ではモバイルノートパソコンよりも上になります。

スポンサーリンク
広告大

そういったシーンでモバイルノートパソコンを使用する最大のメリットは、やはり物理キーボードの存在でしょう。

ちょっと硬い表現では、出先でコンテンツの閲覧(=コンテンツの消費)だけではなく、コンテンツ等の「生産」もある程度効率よく行える、とも言えると思います。

もちろん流行の「ノマド」っぽく、その辺のカフェで仕事をするなんてことも可能です。が、もちろん、外で仕事をする場合にはセキュリティにはいつも以上に十分に気を遣わなくてはなりませんが。
パソコンに限らず、新しい種類のツールというのは新しい可能性を開いてくれるものですが、モバイルパソコンにもやはりそういう力があります。

仕事にしろ趣味にしろ、自分のパソコン作業の環境をどこにでも持ち出せると考えると、その可能性の一端は想像が出来るのではないでしょうか。

ちなみにこの原稿も、ちょっとした空き時間に待合室で書いたものです。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする