外出先でのインターネット環境づくり

パソコンなどからインターネットに接続する環境の中で、モバイルルータと呼ばれる機器やスマートフォンのテザリング機能を使うことで、外出先など、固定のインターネット接続環境のない場所でもかなり自由にインターネットのサービスの利用が可能になります。

また、回線の種類によっては速度面でもかなりの高速性が得られたり、通信データ量などの縛りの少ないサービスもあり、モバイル環境だけではなく、自宅からのインターネット接続に使用することも考えられるレベルのサービスもあります。

モバイルルータ

パソコンでのインターネット接続環境の記事でも少し触れましたが、各種の携帯回線を利用して外出先などでのインターネット接続を可能にする機器のひとつとしてモバイルルータと呼ばれる機器があります。

モバイルルータは、データ通信専用の携帯端末にインターネット接続のためのルータ機能と、パソコンなどの機器からモバイルルータに無線LANで接続を行うための無線LANアクセスポイントの機能を持たせた機器です。

モバイルルータではLTEなどの携帯回線やデータ通信専用の無線通信などを利用して、有線で何かに繋ぐことなく、パソコンなどの機器からインターネット利用が行えます。

携帯回線を利用する形のモバイルルータですとスマートフォンなどからの利用と同様に、転送するデータ量には月ごとの上限があります。

このため固定回線と同じようなつもりで大きなファイルのダウンロードや、ネット動画の視聴などを大量に行ったりすると、パケット使用料がかさんでしまったり、場合によっては通信速度をかなり低速に押さえられてしまったりすることがあります。

通信速度がフルに発揮できる状態で使用している限りは、固定回線に近い使用感覚で使える携帯回線経由のインターネット接続サービスではありますが、使い方には注意しなければならない点はどうしても出てきてしまうものでもあります。

データ通信専用の無線サービスでは基本、通信データ量無制限のプランもあり、こちらを利用するモバイルルータでは、速度も含め本当に固定回線に近い感触でのインターネット利用が可能になります。

スポンサーリンク
広告大

スマートフォンのテザリング機能の利用

スマートフォンのテザリング機能というのは一言で表現すると、スマートフォンをモバイルルータにしてしまう機能です。

テザリング機能を使用中に音声通話が着信したりするとデータ通信の方が一度切断されるはずですが、そういった状況が発生しない限りは、モバイルルータ経由でインターネット接続するのと全く同じような使い勝手で、外出先からのインターネット利用が可能になります。

LTE回線対応のスマートフォンならば、転送速度もかなり高速でのやりとりが出来ます。

第三世代(3G)以前の携帯回線のプランでは、パソコンからのデータ通信と携帯電話自体からのデータ通信とでは扱いが統一されておらず、パソコンからの携帯回線経由のデータ通信の方が高くつくような料金プランとなっていましたが、LTEサービスが始まって以降のプランでは、携帯電話、スマートフォン、パソコンからの通信のいずれのデータ通信も区別はなくなりました。

ただ、3G以前のパケットの利用プランには使い放題のプランがありましたが、LTE回線の料金プランにはパケット使い放題のプランがありません。

このためスマートフォンのテザリング機能を使用する際にも、通信データ量のことは頭に置いておく必要があります。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする