パソコンで音楽を聴くということ

ハイレゾ音源といったものが動き始める前から、パソコンをオーディオプレイヤーまたは「トランスポート」として利用するという流れが出来つつありました。

それにまつわるお話を少しまとめてみます。

CDからのリッピング

最初にパソコンをオーディオのプレイヤーにする動きが出始めたのは、MP3などの音楽データを圧縮して保存可能な方法が確立されたのがきっかけだったかもしれません。

音楽CDの中に記録されている音楽も、パソコンから見ると普通のデータと同じものですので、「リッピング」という操作でCDのなかの音楽情報を抜き出してパソコンのハードディスクにコピーを作ることが出来ます。

ですが、CDのデータ量は比較的大きく、CD一枚で最大800MBほどになります。

以前のパソコンではハードディスクの容量がかなり限られていましたので、このサイズはかなりハードディスクの容量を圧迫します。このため、MP3などのような、音楽データを圧縮して記録できる方式がほぼ必須でした。

当初の目的はパソコン上に作成したMP3の音楽データを、携帯音楽プレイヤーに流し込んでそちらで聴くことでしたが、どうせパソコン上にも同じ音楽データがあるのならパソコンでも再生してみよう、という動きが出るのも当然のことだったかもしれません。

スポンサーリンク
広告大

パソコンの中身はオーディオ的にはノイズだらけ

ですが、パソコンという機械は本来はオーディオ再生には全く向いていない機械です。

オーディオの観点からすると、パソコンの中はノイズだらけ。少しオーディオに詳しい人からすると、「ありえない」世界だったのです。

ノイズを遮断する仕組みを作って音質にこだわったサウンドカードなども作られましたが、流れが大きく変わったのは、パソコン用の音源の装置をパソコンの外に置けるようになったことからではないかと思っています。

USBケーブルで接続する外付け機器として「USB DAC」という機能を持つオーディオ機器が出始めました。

DACはDigital Analog Converterの略で、USB DACとは、USBケーブル経由でパソコンからやってくる音楽データを、音として再生可能なアナログの信号に変換する機器です。

これをパソコンから分離することで、パソコンの中のノイズだらけの環境からオーディオ機器を分けて、音質の向上が狙えるようになったのです。

こうなると、パソコンは厳密にはプレイヤーではなくなります。読み出した音楽データを外付けの別の機械に手渡すだけの役目になりますので、厳密にはプレイヤーではなく「トランスポート」と呼びます。

便利性はパソコンの方が上

音質がある程度保障されるようになると、今度はパソコンで音楽を管理する便利性が表に出てくるようになります。

iTunesなど音楽再生用のソフトが、CDから取り込んだ曲や、ネットワーク経由で購入した曲などを一括して管理してくれますので、CDを探したり、別の曲を聴くためにCDを取り替えたりといった操作が不要になって、操作がとても楽になります。

こういった点もあって、今はかなりの数の人がパソコンを使って音楽を楽しんでいるのではないかと思います。

ハイレゾオーディオ

今、ハイレゾオーディオは基本的にはネット上の販売サイトから購入することになります。SACDなどは、ハイレゾ音源の一つと言ってもいいと思いますが、肝心のプレイヤーがほとんど普及していません。

これに対してパソコンの普及率はそれなりにありますから、比較的多くの人がハイレゾ音源に触れられる機会があります。音源の扱いに関してもパソコンの音楽再生ソフトとの相性がとても良いです。

このような事情もあり、ハイレゾ音源の流行の動きから、またPCオーディオというものが再発見されているのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする