デジタルカメラで桜を綺麗に撮影するには

今年も桜の季節になりました。

あちこちでいろいろな桜が見事な姿を見せてくれていますが、ソメイヨシノなどの写真を撮ってみて、仕上がりがイメージと異なる写真だった経験はありませんか?

桜にもたくさんの種類があって、色の濃い、八重桜や河津桜、エゾヤマザクラなどは比較的イメージ通りの写真を撮りやすいのですが、色の淡い、ソメイヨシノなどはなかなか良くあるイメージ通りの「桜色」を表現するのが難しい花でもあります。

その辺りの撮影のコツを少しまとめてみましょう。

スポンサーリンク
広告大

露出補正

桜と言えば桜色のイメージですが、実際にはソメイヨシノの色はかなり白に近い、淡い桜色です。

このためカメラの自動露出任せで写真を撮ると、どうしても露出アンダーの写真になりがちです。こういった写真の出来だと、さくらの色がくすんでしまいます。

カメラの機種や測光のモードによって補正量は異なりますが、桜の花がメインとなるような写真では、必ずプラスの露出補正を行って撮影をしましょう。補正量は+1段前後になると思います。

撮影のタイミング

撮影を行う時間帯も重要なファクターです。

桜を桜色で美しく取るには、太陽の光の色も問題になります。朝早くや夕方など、太陽の光が黄色に傾いている時間帯ではどうしても桜の色が冴えない写真になりがちです。

今のデジタルカメラはオートホワイトバランスが非常に優秀で、多少、日の色が黄色く変わった程度だと、それがほとんど分からない程度に補正はしてくれますが、元々の撮影条件が良いに越したことはありません。

桜色をきれいに撮るためには、10時~14時の間の時間帯がお勧めです。

また、やはりしっかりとした直射日光がある日のほうが桜色は冴えた色になります。

曇りの日の光線状態だとどうしても色がきちんと出ず、真っ白な桜の花に写りがちです。

構図としても、青空をバックにした桜色の花は、とても様になる絵柄です。

春らしさを演出するには真っ青な青空よりも、少し霞がかったような、水色の空の方が良いかもしれません。

構図のパターン

ロケーションや桜の木の植わっている形にもよりますが、いろいろなパターンの撮影方法を適用することが出来ます。

広角レンズを用いた引きのアングルで桜の木全体のフォルムを狙ったり、桜並木では望遠レンズを使って一部を切り取る形で、桜の木々の重なりを圧縮効果を使って表現したり、もちろん、マクロレンズを使ったクローズアップで、桜の花一つ一つのかわいらしさを表現することも出来ます。

花のライティングとして半逆光の状態を使って、花びらを日に透かすように、透過光を利用すると桜の花をとても美しく演出することが出来ます。

花びらが輝くような写真となり、花の柔らかさなども伝わりやすい写真になります。

デジカメならではの色のコントロール

デジカメではホワイトバランスを手動でセットしたり、機種によっては高度な色補正を行う機能が搭載されている機種もあったりします。

こういった機能を利用して、表現の難しい桜色の強調を行ったりすることも可能です。

こういった使い方、撮影の仕方にはそれぞれ撮影を行う人の好みの問題はありますが、こういう方法もある、ということを頭のどこかに置いておく価値はあると思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする