パソコンのメモリ(RAM)の進化の流れ

パソコンのメインメモリにはRAM(Random Access Memory)という分類に含まれるチップが使われています。

微妙な言い回しになったのは、RAMという言葉がメモリのチップだけを指すものではないからです。

RAMはランダムに読み出し/書き込みの出来る記憶媒体、というのが本来の意味ですので、DVDレコーダなどで使われる任意に書き換え可能なディスクもRAMの一つとして扱われることがあります(DVD-RAM)。

  • SRAM

コンピュータ用のメモリは以前はSRAM(Static Random Aceess Memory) と呼ばれるチップが利用されていました。

SRAMではロジック回路(フリップフロップ回路)で情報を記録します。

原理的にはSRAMは、今ほとんどすべてのコンピュータのメインメモリなどに利用されているDRAMよりも高速で動作可能なのですが、その分作りが複雑で高価です。

現在はパソコンレベルでも大量のメインメモリが必要になっていますので、価格との兼ね合いなどからメインメモリにはDRAMが用いられます。

高速での動作が必要な部分や消費電力の兼ね合いから、一部にのみSRAMが使われるケースもあります。

CPUに内蔵されているキャッシュメモリはSRAMが用いられることがほとんどです。

  • スポンサーリンク
    広告大

    DRAM

DRAM(Dynamic Random Aceess Memory)は原理をごくごく単純化すると、チップの中の微少なコンデンサに蓄えた電荷で情報を記録します。

放っておくと蓄えた電荷が失われて情報が消えてしまうため、定期的に「再充電」を行ってやる必要があり、これをリフレッシュと呼びます。

このリフレッシュの必要性などの関係から、DRAMは一般的にはSRAMよりも消費電力が多くなっています。

またデータの書き込み速度・読み出し速度はSRAMよりも遅めです。

その代わり構造がSRAMに比べてかなりシンプルですので、大容量化に向いていて、容量当たりの単価がSRAMよりもずっと安くなります。

  • パソコン用メモリの変遷

パソコン用のメインメモリはほとんどすべてがDRAMを採用してきました。

そのDRAMもどんどん高性能になっていくCPUに少しでもついて行こうと、データの転送速度を向上させるための様々な取り組みが行われてきました。

その結果、たくさんの規格のDRAMが生まれてきています。使われた規格にはこのようなものがあります。

– DRAM
– FPM DRAM(Fast Page Mode DRAM)
– EDO DRAM(Extended Data Output DRAM)
– SDRAM(Syncronous DRAM)
– DDR SDRAM(Double Data Rate SDRAM)
– DDR2 SDRAM
– DDR3 SDRAM

今、更に高速化と消費電力の低減を狙って、DDR4 SDRAMへの移行が動き始めています。

その他にもメインストリームになれなかったメモリの種類はいくつもあります。

これらはすべて、CPUとメモリの性能のギャップを少しでも埋めようとする試行錯誤の結果です。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする