ペンタックスの新デジタル一眼レフに盛り込まれた注目機能

先日ペンタックスが同社のAPS-Cデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルとなる、K-3IIを発表しました。

GPSセンサーを内蔵して、本体のみで簡易天体追尾機能のアストロトレーサーが使えるようになったり、ローパスフィルターの機能をセンサーシフト式の手ぶれ補正機能の仕組みを利用してエミュレーションする機能などが従来機種から継承されていますが、また一つセンサーシフト式手ぶれ補正機能の新しい使い方を提案するモデルとなっています。

その機能を説明するには、まずは今のベイヤー配列のイメージセンサーの仕組みに触れる必要があります。

  • ベイヤー配列

このblogの中でも以前記事にしていますが、今のデジタルカメラの多くは画素の1つ1つすべてにRGBすべての色の情報があるわけではありません。

撮影時には、RGBそれぞれのカラーフィルターをかける形でデータが作られます。このためイメージセンサーからの生の情報のそれぞれの画素には、緑か赤か青の色の情報しか持たないデータになっています。

これを映像エンジンで処理することで、周囲の画素からある画素の持っていない色の情報を補完してやることで、全画素がフルカラーの情報を持つようにデータの処理を行っています。

この補完処理があるために、規則的な細かい絵柄に関してはモアレが発生することがありますし、不規則な細かい絵柄では本来存在しない色(偽色)が生じてしまうことがあります。

モアレや偽色を抑えるためにあえて映像を若干ボケさせるローパスフィルターを使うことが一般的になっていますが、このフィルターの影響や色情報の補完処理の関係で、今のデジタルカメラでは画素数分の「解像感」は得られていません

もし、全画素にRGBの情報が備わっているならば、デジタルカメラの映像はもっとカチっとした解像感のある映像になります。それを実現しているのは今はシグマの販売しているFOVEONセンサーを採用しているカメラだけです。

シグマのカメラが独特の素晴らしい解像感を実現出来ているのは、イメージセンサー上の各ドットがすべて基本的にはRGBの情報を備えているからです。(最新のセンサーでは微妙にそのあたり変わってきましたが)

  • スポンサーリンク
    広告大

    リアル・レゾリューション・システム

ペンタックスではセンサーシフト式の手ぶれ補正機構を利用することで、擬似的にこの全画素がRGBの情報を持つデータを作る仕組みをK-3IIに載せてきました。

1画素分ずつセンサーをシフトして4枚の画像を撮影し、それを合成することで全画素にRGBの情報を持たせることを実現しています。擬似的にFOVEONセンサーと同等(または同等以上)のデータを作り上げる技術、と考えることも出来ます。

被写体は静物限定で三脚が必須。三脚に乗せた上でも微少なブレがあると、多分、画像の合成に失敗します。が、得られる画像は色の補完処理の行われない、イメージセンサーの画素数分フルに解像感の伴う画像になるはずです。

オリンパスは半画素ずつずらして複数枚撮影した画像を合成することで解像度が高い画像を生成する技術を載せましたが、ペンタックスのリアル・レゾリューション・システムでは、生成される画像の解像度は従来と同じです。K-3IIの場合には約2400万画素。

ですが、その画素数に解像感が完全についてくる画像となるはずです。

使いこなしはそれなりに大変だと思いますが、とてもユニークな、ペンタックスらしい提案だと思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする