デジタル一眼カメラなどを利用する理由

今ではスマートフォン内蔵のカメラもかなり高性能になり、通常使うレベルの写真では何の問題もない品質の写真が撮れるようになりました。

blogやSNSに写真を貼り付けるような用途だけではなく、フル解像度で撮影すれば、ある程度大きな用紙に印刷するのにも十分な画質があります。

ではなぜデジタル一眼レフや、ミラーレス一眼などの高価で大きさもかさばるカメラを使うのでしょうか。そのあたりの理由の一部を少し考えてみます。

  • カメラ任せの写真

スマートフォン内蔵のカメラや、一部のコンパクトデジカメでカメラ任せで撮影した場合の写真は、誰が撮っても同じようにある程度以上の品質の写真が撮れます。特にカメラの機能などを使いこなすといった意識なしで、見栄えのする写真を手に入れることが出来ます。

ある意味これはすごいことで、かつありがたいことでもあります。

ですが、違った角度から考えてみると、誰が撮っても同じ写真にしかならない可能性が高い、ということでもあります。色々なエフェクトをかける機能を使って差別化を図ったとしても、それは元々カメラに用意された枠の範囲の中でしかありません。

  • スポンサーリンク
    広告大

    高画質、ではカメラは売れない

これに対してデジタル一眼レフやミラーレス一眼、一部の高級コンパクトカメラの最大のウリは、撮影者の意思を明確に写真に反映できることかもしれません。

画質の面でもきちんと見ていけば、スマートフォンとコンパクトデジタルカメラの間にすら、まだ越えられない壁があります。まだまだコンパクトデジカメに画質上のメリットがあります。イメージセンサーのサイズの大きなカメラになれば、その差はさらに開きます。

ですが画質の差よりも大きなファクターは、撮影者の絵作りに対応できる色々な機能、性能を備えていることなのでしょう。実際、まだ画質では有利なはずのコンパクトデジカメの市場は、スマートフォンに食われてしまう形になって市場自体の縮小傾向が止まりません。

これに対してレンズ交換が出来るようなカメラはこれだけスマートフォンが普及する世の中になっても、逆に売り上げを伸ばす形になっています。

これがデジタル一眼レフなどには画質だけではない、スマートフォンのカメラでは実現できないな何かが備わっていることを示している証拠のように思います。

  • お仕着せでない写真を「作る」

デジタル一眼レフ、ミラーレス一眼はイメージセンサーの大きさから来るカメラの撮る力自体の「基礎体力」の違いや、色々な撮影のための機能によって、撮影者が自分の撮影意図を自在に反映させた絵作りをすることが出来るようになっています。

たとえば単純にピントを合わせる位置を変えるだけでも、画面の印象をがらっと変化させることが出来ます。

これに対し、スマートフォンのカメラでは、多くの場合、どこでピントを合わせても結果がほとんど変わりません。全画面にピントが合った写真しか作れない場合が多いのです。

スマートフォンからデジタル一眼レフなどにステップアップしていく人たちは、そういった部分の違いにいつの間にか気がついている人たちなのかもしれません。

スマートフォンのカメラは確かにとても優秀で、お任せで手軽にキレイな写真は撮れるのですが、そこからさらに発展していける幅が狭いです。

スマートフォンならではの撮り方を見つけて独自の世界を切り開く人たちもいますが、そういった方向は純粋な写真の方向性とは別の、新たなジャンルと思えます。

やはり写真を写真として深化させて行くには、撮る力のある機種が必要になってくるのだと思います。それがデジタル一眼レフやミラーレスカメラ、ということなのではないでしょうか。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする