Windows10を入れる前に確認しておくこと

いよいよWindows10正式リリースの7月29日が迫ってきました。

プレビュー版の方も最終形を意識した内容になってきて、最新版ではWindows側から出来具合のフィードバックを要求してくるようになりました。

feedback

ですが、実はWindows10アップグレード対象になっているパソコンすべてを無条件にアップグレードしても問題がないかというと、実はそうではない部分があったりします。

そのような、Windows10アップグレードに当たって注意しておかなくてはいけない点を上げておきます。

メーカー製パソコンの場合

メーカー製パソコンをお使いの方は、まずは製造メーカーからWindows10対応状況が発表されるのを待ちましょう。

お使いのWinodowsで、タスクバーの右側にWindows10のアップグレードを予約するアイコンが出ていても、そこをクリックして手続きをするのはちょっと待った方が良いです。

メーカー製パソコンでは往々にして、パソコンメーカー独自の周辺機器を組み込んでいるケースがあります。そういった機器を動かすドライバソフトがWindows10正式リリースには間に合わない場合があるのです。

そういったパソコンで7/29にWindows10にアップグレードをかけてしまうと、一部の周辺機器が動作しなくなる可能性があります。

ですので、落ち着いてゆっくりとメーカーが対応状況を発表するのを待ちましょう。

スポンサーリンク
広告大

お使いの大事なソフトの対応状況を確認

このソフトが動かないと困る、といったソフトをお持ちの方は、該当するソフトがWindows10に対応してくれるかどうかを、ソフトのメーカーのWebページなどでしっかりと確認を取っておきましょう。

こちらも、Windows10正規版公開の時点では対応しないソフトも恐らく多数出てきます。場合によっては、Windows10対応を見送るソフトも出てくるでしょうから、そういった場合には代替策も考える必要があります。

とりあえずWindows10にしてしまったけれど、大事なソフトがなんだか動いてくれない、というのは結構大変なことになりますから、事前に確認を取りましょう。

使っている周辺機器の対応状況を確認

もう一点大事なのは、こちらもパソコンを使う上で重要な周辺機器の対応状況を確認しておく、ということです。

周辺機器のドライバソフトがものによっては、Windows7、8.1対応のドライバではうまく動いてくれないことが起こり得ます。

こちらも、アップグレードしてみたけれども、大切な周辺機器が動いてくれなかった、ではちょっと大変なことになってしまうこともあります。

Windows10にアップグレードをかける前に、周辺機器のメーカーのサイトで対応状況を見ておきましょう。

スキルのある人はプレビュー版で確認、という手もある

パソコンに関してある程度のスキルのある方は、Windows10のインサイダープレビュー版を実際に動かしてみて、事前にソフトや周辺機器の対応状況を確認してみることも出来ます。これも、プレビュー版が出されている目的の一つでしょうから。

ただ、あくまでもプレビュー版ですので、バグが残っていますし、安定感も正規版のWindowsよりも落ちます。

こういった部分を頭に置いて、何らかのトラブルの際には自己解決可能なスキルを持っている、ということがこの方法の前提にはなります。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする