まだまだ続くWindows10狂想曲

Windows10正式版リリースをもう間もなくに控えて、パソコン業界界隈はいろいろ活況を呈し始めています。その中ではまた、ちょっとした一悶着もあったりと、発売間際のドタバタも見えてきます。

また、Windows10では従来のWindowsとは発売後のアップデート方針の転換を行い、もしかしたらこれが最後のWinodowsになるとも言われています。そういった方針の転換が、発売間際のドタバタに影響を与えている部分もあります。

Windows10は永久に未完のOS?

マイクロソフトはWindows10からWindowsの開発やリリースのポリシーを変更しました。

今までは、内容的に大きな機能やインタフェースなどの変更が生じる場合には、新しいバージョンのWindowsとして名前も一新した新製品を発売する形になっていました。

ですが、今後はどんな大きな機能変更があったとしても、基本すべてWindows10の名前のまま、Windows Updateなどで対応していくことになります。このため、今後もう新しい名前のWindowsが生まれることはないはず、ということで、これがWindows10が最後のWindowsになるという所以です。

見方によってはWindows10は永久に完成することのないOSと言うことも出来るかもしれません。ですが、ほとんどのソフトウェアはどれも同じことですね。

スポンサーリンク
広告大

「正式リリース」の日付の意味が小さくなった

このように、ずっとWindows10という名前のまま成長を続けるOSという形に変わりましたので、7月29日の「正式リリース」という線引きの意味がかなり弱くなりました。

今までのWindowsであれば正式リリースのタイミングが一つのゴール地点でしたが、Windows10はそこを過ぎても止まることなく、ずっと改良され続けていきます。

ですので、Windows10での「正式リリース」は、機能や品質の面で一般的な使用に耐えるレベルに達しました、という程度の、一つの「通過点」に過ぎないと考えることも出来ます。

実際に7月29日には「製品版」のWindows10は発売されない

このようなマイクロソフトの方針転換の影響で、今回の「正式リリース」はちょっと変なことになっています。7月29日には、Windows10のOS自体の製品が一つも発売されることがないのです。

ごく一部のWindows10プリインストール済のパソコンが7月29日から発売開始されますが、Windows10のパッケージ版や自作パソコン向けのDSP版のOS自体は、それ以降の発売になります。

DSP版は日本では8月1日からの発売となりますが、パッケージ版に至ってはまだマイクロソフトから発売時期のアナウンスすらない状況です。いちおう、アメリカのAmazon.comでは、インストール媒体がUSBメモリとなるパッケージ版が8月30日からの発売予定で、予約は開始されています。

恒例の秋葉原の「深夜販売」イベントも2段構え

こういった状況の余波を受けて、秋葉原では恒例となっている深夜販売イベントもばらつくことになりました。

7月29日の正式リリースに合わせたイベントを行うのはごくわずか。少数のWindows10プリインストールパソコンの特価販売程度に留まるようです。

パソコンのパーツ屋さんでは、自作パソコン向けのDSP版の発売をメインの「お祭り」と捉えているようで、8月1日に合わせて多くのイベントが企画されています。
Windows10は、基本的にはWindows7が普通に動くパソコンであれば楽々稼働させることが可能なOSです。このため、パソコン本体の売り上げには貢献しないのではないか?との観測を行う向きもあります。

Windows10が今後、パソコン界隈にどのような影響を与えるか、何もかもが変わる今回は、もしかすると誰も影響範囲を読めていないかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする