Windows10ではWindows Updateは基本自動更新のみに

Windows10ではWindows Updateの適用のポリシーも変更になります。

自動ダウンロード、自動適用が基本となり、利用者が任意に更新プログラムの適用を延期したり、適用を行わない、といった運用が行えなくなります。

インサイダープレビュー版ビルド番号10240からライセンス条項に明記

この件は、Windows10のインサイダープレビュー版のビルド番号10240の物件からライセンス条項にも明記されるようになりました。

この件に関わる条文は以下の通りとなっています。

6.更新プログラム。本ソフトウェアでは、システムおよびアプリケーションの更新プログラムが定期的に確認され、自動的にダウンロードおよびインストールされます。お客様は、マイクロソフトまたは正規の提供元からのみ更新プログラムを取得できます。マイクロソフトは、当該更新プログラムをお客様に提供するために、お客様のシステムを更新する必要がある場合があります。お客様は、本ライセンス条項に同意することにより、追加通知なくこのような種類の自動更新プログラムを受け取ることに同意するものとします。

しっかりと、更新プログラムが自動でダウンロードされインストールされる、という一文があります。

以下のように、Windows10のWindows Updateでは、再起動時間の指定しか利用者は設定が出来ません。

WindowsUpdate_win10

スポンサーリンク
広告大

Pro版以上ではビジネス用途への配慮も

ビジネス利用が想定されるPro版以上のエディションでは、OSに元々の機能としてWindows Updateの適用タイミングをコントロールする機能が組み込まれます。

これは業務用パソコンでは、特定の業務用アプリや周辺機器が動作することが必須となっている場合があり、Windows Updateを無条件に適用することで、そういった業務に必須の機能が動作しなくなってしまう可能性を排除するためです。

Windows Updateの適用を遅らせてその間に必要な機能の動作確認を行い、確認が取れてから更新プログラムを適用する、といった運用が行えます。また、動作確認用のパソコンのみ先行して更新プログラムを適用する、といった目的にも対応可能な機能が用意されています。

問題のある更新プログラムをブロックするツールの提供を開始

ただ、こういった機能はPro版以上のエディションにしか搭載されないため、Windows10のHomeエディションではすべての更新プログラムは自動的に適用されます。

Homeエディションでも、更新プログラムとソフトウェアや周辺機器との互換性の問題が生じる可能性はありますので、利用者の間からは不安や不満の声も上がっていたようです。

こういった声を受けてか、この問題に対する回答となるかもしれないツールがマイクロソフトから提供されるようになっています。今はまだプレビュー版のみの対応ですが、問題のある更新プログラムの適用をブロックできるツールが配布されています。

同プログラムはマイクロソフト社のサポートページからダウンロード可能です。アドレスはこちらとなっています。
https://support.microsoft.com/en-us/kb/3073930

Show_or_Hide_updates

この問題は、プレビュー版に限ったことではありませんので、同様の機能またはツールが正式版にも提供される可能性は高いと思われます。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする