Canon、APS-Hサイズで2億5千万画素のイメージセンサー開発成

CanonがAPS-H相当のサイズ(29.2mm x 20.2mm)になんと2億5千万画素を詰め込んだイメージセンサーを開発したとのニュースが伝わってきました。数年前にはやはりAPS-Hサイズで1億2千万画素のイメージセンサーを開発していますが、さらにその倍の画素数を集積してきました。

恐るべき解像力を実現できているようです。

18km先を飛行する旅客機の機体の文字が判別できる

光学ズームレンズと、イメージセンサー上の一部のエリアのみを切り出して拡大するデジタルズームの併用によって、なんと18km先を飛行する旅客機の機体に書かれた文字を判読することが出来たそうです。

恐るべき解像力です。

このイメージセンサーからフルHDの領域を切り出すと、全体の面積のわずか1/125で済んでしまいます。

さすがに一般的な動画撮影用や写真撮影用に使われることは考えていないようです。監視用、超高精度での測定用などの用途を検討しているようです。

ただ、やろうと思えば2億5千万画素ものデータを毎秒5コマのペースで読み出す性能があるそうです。

ちなみに解像度は19,580 x 12,600。画素ピッチは1.5ミクロン程度になります。

1/2.3型の2000万画素クラスのセンサーの画素ピッチが1.2ミクロン程度ですので、静止画を撮影した際の基本的な画質は、コンデジクラスに落ち着くのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大

1億2万画素のセンサーを搭載したデジタル一眼レフの試作も行っていることを発表

また、CanonではEOSマウントを持つ、1億2千万画素センサーを搭載したデジタル一眼レフの試作機を作成していることも発表しました。

こちらもイメージセンサーのサイズはAPS-Hサイズ。数年前に開発に成功したセンサーの流れをくむものではないかと思われます。

解像度は13,280 x 9,184ドット程度ではないかと思います。この解像度だとすると、1画素の大きさは2.1ミクロン程度になります。

APS-C機で2,400万画素のEOS M3が3.7ミクロン、1/1.7型1,200万画素センサーで1.8ミクロン程度の画素ピッチになります。1型2,000万画素センサーで2.5ミクロン程度のピッチです。

1/1.7型センサー採用のコンパクトデジカメや、Nikon1シリーズのカメラの画質の安定感を考えると、1億2千万画素センサー採用のカメラは、画質面では案外実用的な画像を出してくるかもしれません。

高感度にも欲を出してしまうと低感度の画質が低下しがちですので、思い切ってISO100~400程度の専用機としてしまうことで、十分な画質を実現できてしまうかもしれません。

あとは、膨大なデータを処理するための映像エンジン側の性能がついて行けるかどうかですね。ばかげた画素数に見える、一見トンデモカメラにも思えますが、実は思いの外、実現可能性もあるのかもしれません。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする