デスクトップ画面に貼るポストイット?付箋アプリの使い方

Windowsには紙の付箋紙と同じように使える便利なアプリが最初からインストールされています。アプリの名前はそのまんまで「付箋」。

あちこちにメモ書きしたポストイットを貼る感覚で、デスクトップ画面にペタペタと付箋紙そのものの見た目のウィンドウを貼り付けることが出来ます。

一度起動して付箋をデスクトップに貼ると、次回以降はWindowsの起動時に自動的に付箋アプリも起動して、デスクトップ画面に付箋が貼られた状態でパソコンが立ち上がります。書き込んだ内容の保存の操作も不要で、ちょっとしたメモ書きにとても便利なアプリです。

最初の1回はアプリ起動が必要

付箋アプリを最初に使用開始するときだけは、アプリをスタートメニューなどから起動してやる必要があります。

付箋アプリはスタートメニューの「Windowsアクセサリ」のフォルダの中にあります。一度、「全てのアプリ」のボタンから、全てのアプリのリストを開きます。

Windows 10の場合。

label001

Windows 7の場合。

label002

一度、1枚でも付箋をデスクトップに貼れば、次回以降、パソコンを起動したときには自動的に付箋アプリが起動します。

label003

スポンサーリンク
広告大

付箋を追加するには

付箋の枚数は表示できる場所がある限りいくらでも増やせます。付箋を追加するには、付箋のウィンドウの左肩にある「+」マークのボタンをクリックします。

label004

ショートカットキーのCtrl+Nでも同じ操作になります。

付箋を削除するには

不要になった付箋を消すには、付箋の右肩になる「×」マークのボタンをクリックします。

label005

Ctrl+Dでも同じ操作が行えます。

すると、付箋を本当に消して良いかの確認のウィンドウが表示されますので、削除してよければ「はい」をクリックします。

label006

付箋を全て削除すると、次回パソコン起動時には付箋アプリが起動していない状態に変わります。もう一度付箋を使う場合には、またスタートメニューから起動を行います。

付箋は色を変えられる

売られている実物の付箋紙のように、付箋アプリも色を変えられます。色を変えるときには、付箋のウィンドウを右クリックして表示されるメニューから色を選びます。

label007

緑に変えるとこんな感じになります。

label008

簡単な文字の修飾も可能

付箋アプリに書き込んだ文字には、簡単な修飾を行うことも出来ます。このためには、修飾したい文字を選んだ状態で、ショートカットキーのコマンドを使います。

文字を太字に変えるとこんな感じになります。

label009

このときには、Ctrl+Bのショートカットキーを入力します。

使えるコマンドには以下のようなものがあります。

太字 Ctrl+B
斜体 Ctrl+I(アイ)
下線 Ctrl+U
取り消し線 Ctrl+T
箇条書き Ctrl+Shift+L 同じ操作を繰り返すと、箇条書きの形式が変わります
文字サイズ拡大 Ctrl+Shift+>
文字サイズ縮小 Ctrl+Shift+<

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする