2in1パソコンとは?

こちらもパソコンの新種、新たな1ジャンルとして定着しつつあるタイプのパソコンの一般名詞、ということになるでしょうか。

「2in1」パソコンと呼ばれるタイプの製品が数を増やしてきています。

このパソコンは、フィーチャーフォンの二つ折れ携帯のように、キーボード側と液晶側との間にヒンジがあって液晶側を閉じることの出来る、いわゆる普通のノートパソコンと、タブレットパソコンの両方を1台でまかなおうとするコンセプトのパソコン、ということになると思います。

  • ノートパソコンの弱点

一般的なノートパソコンの弱点といいますかタブレットパソコンに劣る点としては、どうしても本体が大きく重くなってしまうことが上げられると思います。

最近ではかなり解消してきましたが、タブレットパソコンに比べると、内蔵バッテリーで動作可能な時間が短いということもあります。

  • タブレット端末の弱点

それに対してタブレット型のパソコンの弱点としては、やはり物理的なキーボードが存在しないことではないかと思います。

ネットや電子書籍の閲覧といった用途だとタブレットパソコンは軽量コンパクトで、タッチ操作も行いたい作業に直感的に繋がるためとても便利に使用が可能ですが、文章を少し多めに書こうとしたり、ビジネス文章を作成したい、などと言った場合には、どうしても外部にキーボードやマウスがあった方が作業効率が上がります。

こうしたものを持ち運んでしまうと、タブレットパソコン本来の機動性が失われてしまうことになります。

  • 2in1 PCの狙い

そこでこれら2つを統合する狙いで開発されているのが

スポンサーリンク
広告大

2in1パソコン

と言われる機種です。

2in1パソコンはまだまだ生まれたばかりのジャンルで、その形態もはっきりと定まっていません。それゆえに各メーカーがアイディアを競い合うような形で、多種多様な形をした2in1パソコンを生み出してきていて、それがむしろとても楽しい状況にもなっています。

いくつかある2in1パソコンの形態のタイプとしては、

  • 液晶側とキーボード側が分離するもの
  • 液晶側が裏返しになって、キーボードを覆うもの
  • ヒンジが360度回転するようになっていて、タブレットモード時には、キーボード面が裏側に回り込むもの

などがあるようです。

一般化せずに消えてしまいましたが、そういった物理的に面倒な機構を用意するよりも、液晶側の天板面にももう一枚液晶パネルを搭載してしまえ!なんて、大胆な力業で解決を図ろうとする機種もありました。

2in1パソコンで大ヒット、と呼べるような販売を記録した機種はわたしが知るところではまだ一つしかありませんが、タブレットパソコンと同等のパーツを利用している機種ではかなり安価なものも出て来ていますので、2in1パソコンもモバイルパソコンの1ジャンルとして、確実に選択肢の一つに入ってくるようになっているのではないかと思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする