Windowsのウィンドウ整理に便利。スナップの使い方

WindowsにはWindows 7ぐらいから、キレイに画面を分割する形で複数のウィンドウを貼り付ける仕組みが組み込まれています。
この機能は「スナップ」と呼ばれています。デビュー当時は「エアロスナップ」という名前で呼ばれていたはずです。

この仕組みを使うと、画面を2分割する形で2つのソフトを並べて表示したりすることが出来ます。そしてWindows 10ではさらにこの仕組みが拡張されて、画面を4分割する形でのウィンドウ整理も可能になりました。

あるウィンドウを一気に全画面表示する

スナップの機能の一つとして、あるアプリのウィンドウを一気に全画面表示に切り替える機能もあります。そのためには、ウィンドウを移動させて、画面の上端まで持って行きます。

このような状態のウィンドウを、

Snap01

移動させると、マウスカーソルの周りに同心円状のエフェクトが出ます。

Snap02

そこで左ボタンを放すと、ウィンドウが全画面にまで最大化されます。

Snap03

スポンサーリンク
広告大

画面の左右2分割

2つのアプリで画面を2分割して利用したい場合には、1つのアプリのウィンドウを左右どちらかの画面端まで移動させます。するとやはり、マウスカーソルの周りにエフェクトが出ます。

Snap04

ここでマウスの左ボタンを放すと、ウィンドウが画面の半分のサイズに調整されます。

Snap05

このとき、ほかに動作中のアプリがあれば、画面の空いている側にそれらのアプリのウィンドウのサムネイルが表示され、どのアプリをもう半分の画面に表示するのか選択することも出来ます。

Snap06

サムネイル表示されていたペイントを選んで、2つのアプリで画面を2分割表示にすると、このような形になります。

Snap11

ウィンドウを上下に最大化

スナップの機能では、あるアプリのウィンドウのサイズを、画面の上下方向に最大化することも出来ます。そのためにはウィンドウの上端をドラッグして、ウィンドウを上下方向にサイズを変える操作を行ないます。

そしてそのまま画面上端まで引っ張っていくと、やはりマウスカーソルの周りにエフェクトが出ます。

Snap07

ここでマウスの左ボタンを放すと、該当のアプリのウィンドウが、画面の上下方向に最大化されます。

Snap08

画面の4分割

こちらはWindows 10で拡張された機能で、画面を4分割してウィンドウを整列させることが出来ます。

この機能を利用するには、ウィンドウを移動させて画面の四隅まで持って行きます。すると、今までと同様のエフェクトがマウスカーソルの周りに出ます。

Snap09

その時点でマウスカーソルの左ボタンを放せば、画面の四分の一のサイズにウィンドウがリサイズされます。

Snap12

これを合計4つのアプリで繰り返すことで、画面の四分割表示が行えます。

Snap10

元に戻すには

スナップを使ってサイズを変えたウィンドウを元に戻すには、画面の端っこからそれぞれのウィンドウを移動させればOKです。スナップでサイズを変える前のウィンドウの大きさに自動的に戻ってくれます。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする