MADOSMA 2号機発進。Contiuum対応の大画面機MADOSMA Q601

13_10

マウスコンピュータからWindows 10 Mobile搭載スマートフォンの2号機、6型のかなり大型の液晶を搭載したQ601が発売になりました。

スマートフォンの心臓部となるSoCには初号機よりずっと性能が高いものを搭載し、無線での携帯電話向けContinuumにも対応しています。

本体の仕上げも非常に高品質なものとなっていて、より本格的な使用にも耐える作りとなっています。

今回はこのMADOSMA Q601をご紹介します。

大きい

本体を手にしての最初の印象はこれに尽きると思います。やはり6型液晶を搭載した分、本体サイズはかなりの大きさを感じます。

特に横幅が大きく、握ったときのサイズ感はやはり5型クラスの液晶を搭載するスマートフォンとは段違いのボリュームを感じます。

ただ縦方向の額縁をかなり削っている分、縦には思ったほど長くはなく、5.5型液晶を搭載するVAIO Phone Bizよりも少しだけ長い程度に収まっています。

6型液晶搭載と言うことで「ファブレット」(フォン+タブレット)とも呼ばれるようなサイズの端末ですが、何年か前に日本国内で6.4型液晶を搭載したXperia Z Ultraが発売されたときほどのサイズ上のインパクトはありません。

徐々に液晶サイズが大きくなってきたスマートフォンのサイズを見慣れてしまった、ということがあるかもしれません。

ただ、やはり操作は片手ではかなり厳しく、Windows 10 Mobileの片手操作サポート機能(スタート画面の高さを半分にしてくれる)を使っても、親指が画面反対側まで届きません。

ですが、実際のところ一般的な成人男性の指の長さだと、5型クラスの液晶を持つスマートフォンあたりから片手操作はかなり厳しくなりますので、両手操作を前提と考えれば6型液晶もほとんど問題になることはないでしょう。

むしろ画面の広さから来る、コンテンツ表示の際の有利さが活きてくるのではないかと思います。

スポンサーリンク
広告大

スペック

MADOSMA Q601はマウスのWindows 10 Mobileスマホの初号機Q401よりも大幅にスペックを引き上げてきています。

スマートフォンの心臓部であるSoCには、現在のスマートフォンのミドルクラスに当たるぐらいのSnapdragon 617を搭載。メインメモリにはContinuumも意識した3GB、ストレージには余裕のある32GBを採用しています。

USBコネクタはケーブルを上下どちら向きにも挿すことが出来るType-C形状のものを採用しています。ただし、インタフェースの規格自体はUSB2.0止まりです。

本体サイズが大きくなったことを活かして、スマートフォンとしてはかなり大容量の3,900mAhのバッテリーを搭載し、連続稼働時間にも期待が持てます。Windows 10 Mobileは待ち受け時の消費電力の面で若干他のOSよりもまだ劣る感触があるので、この部分はとてもありがたいフィーチャーです。

SoCにSnapdragon 617を採用していますので、もちろん無線での携帯電話向けContinuumにも対応します。

上手い落としどころ

価格面では税別5万円弱と、スペックの近いVAIO Phone BizとNuAns NEOの間に落としてきました。なかなか上手いプライシングではないかと思います。

本体の仕上げも非常に良く高級感もある仕上がりとなっています。

アプリの充実度などから、まだまだ個人向けとしては弱い部分の多いWindows 10 Mobile端末ではありますが、ビジネスユーザー向けには曲がりなりにもOSがWindowsであることが有利に働きます。

しばらく新製品のなかったWindows 10スマホですが、この端末以降動きがどうなっていくか、また少し楽しみになってきました。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする