マップアプリに手書きを活かした新機能搭載

Windows Ink登場時にアナウンスされていた機能がWindows 10標準のマップアプリに実装されたました。また、あわせてWindows Inkの標準的な機能が色々と盛り込まれています。

今回はこのマップアプリのWindows Ink対応機能を紹介します。

地図画面に手書き

まずはWindows Inkの機能としては基本中の基本とも言える、画面に手書きで書き込みが出来る機能がマップアプリにも実装されています。

マップアプリの右肩の機能メニューの中からペン型のアイコンを持つボタンをクリックすると、Windows Inkのメニューが開きます。

15_01

その中から左端のボタンをクリックすると、地図に自由に書き込みが行えるようになります。

15_02

15_03

書き込みを消す際には、左から3番目の消しゴムを使うと書き込んだ線を一気にまとめて消去できます。

15_04

消しゴムツールは、その他のツール利用の結果を消す際にも使えます。

スポンサーリンク
広告大

なぞった区間の距離を測定

地図上でなぞった区間の距離を測定するツールがこのアップデートの最大の特徴かもしれません。Windows Inkならではといえる目玉機能です。

マップアプリのWindows Ink機能のツールのボタンの一覧の中から、左から2つめのボタンをクリックします。

15_05

あとは、移動するルートを地図上でなぞると、その区間の距離が自動で計測されます。

15_06

大きく離れた2点の距離を測るにはちょっと向いていませんが、例えば日々の運動の散歩コースの距離を知りたい、なんて場合には非常に便利なツールになってくれます。

2点間のルート探索

ルート探索をより直感的なインタフェースで行うこともできます。

Windows Inkの機能ボタンの中の左から4番目のボタンを使います。

15_07

あとは移動の始点と終点を地図上でなぞって結ぶだけでOK。

自動的にその2点を移動するためのルート探索を行ってくれます。

15_08

もちろん「定規」も

Windows Inkといえばこれ、的な機能の定規ももちろんマップアプリ上からも利用できます。

15_09

これを使うことで、フリーハンドでも正確な直線を引くことが出来ます。

まとめ

どの機能も非常に直感的に地図アプリを使いこなすための、非常に面白いインタフェースになってくれると思います。

長距離の移動で使おうと思うと、地図上で目的のポイントを指示するための精度の方が問題になりそうですが、それでもこの使い勝手の良さはとても魅力的ではないでしょうか。

Windows Inkで出来ることを示すデモとしてもとても優れた機能だと思います。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする